家賃の上限は決めておこう

一人暮らしの賃貸探しでは負担にならない程度の家賃の物件を選ぶのが大切です。家賃は毎月必ず支払いをしなければならず、滞納するとトラブルになるどころか、退去せざるを得なくなる場合もあります。連帯保証人を立てる場合にはその人にも負担を強いることになりかねません。家賃の上限を決めてから物件を探すようにすると失敗がないでしょう。一人暮らしの場合には収入は自分の給料だけで、支出も自分の生活によって出ていく分だけです。そのため、およそどのくらいの収入と支出があるかを自分で見積もれば、家賃としてどのくらいまでなら支払っても大丈夫かがわかります。急な出費の対策も考えて、少し余裕を持たせて家賃の上限を決めるようにしましょう。

家賃はいくらにすると良いのか

一人暮らしの場合には賃貸の家賃をどのくらいにしたら良いのでしょうか。働き方によって収入が異なり、ライフスタイルによって支出が違います。そのため、一概に家賃何万円までなら大丈夫と言うことはできません。自分に合う家賃がどのくらいなのかを自分自身で考えることが重要です。ただ、一般的に一人暮らしの賃貸でどのくらいの家賃の物件が選ばれているかを知っておくのは役に立つでしょう。学生や新社会人の場合には4万円から9万円くらいが相場ですが、社会人として何年も働いて独身生活を続けている人の場合には6万円から15万円くらいが一般的です。地域によっても相場は異なるので、都市部では高く、地方では安いことも覚えておきましょう。