オートロックでも油断大敵

賃貸物件の防犯性を高める代表格として、オートロックが挙げられます。もちろん、非常に優秀な存在なのですが、残念ながら完璧とは言えない点もあるんです。「オートロックだから安心だ」と過信せず、自分自身でも日ごろから気を付けておくべきポイントがいくつかあります。どんなタイプのオートロックであっても共通して言えるのは、入居者の後ろに続いて侵入者が入ってくるケースは防ぎきれません。帰宅した際は自分の後ろや周囲に不審な人影がいないかを見るようにしたほうが安全です。また、オートロックによくある暗証番号を入力するタイプは、暗証番号を住人以外に知られてしまうリスクもあります。入力する際は、自分の体で手元が見えないように隠したり、不特定多数にむやみに暗証番号を教えないなどの注意が必要です。

2階以上の部屋でも気つけたいこと

「2階以上の部屋に住めば防犯上も安心」というイメージは一般的です。これもあくまで「1階に住むよりは空き巣に狙われにくい傾向がある」というだけで、考慮すべき点や注意点が何もないということではありません。2階以上の部屋に空き巣が侵入するパターンとしては、窓やベランダからが多いです。逆を言えば、これらにちょっとした対策をするだけでも防犯性を高められるということでもあるわけです。窓やベランダが街灯の明かりが照らしている範囲内、あるいは人通りから見えやすい場所にある場合は侵入のハードルが高くなります。可能な限りそういった部屋を選ぶのがおすすめです。窓やベランダが隣接する建物の陰になって死角や暗がりになっている場合は、センサーライトの設置を検討してもいいかもしれません。また、雨戸やシャッターなどがある賃貸の場合、夜間は閉めておくようにするのも効果的です。